YE蜃気楼セカンド

おずずとまつこが、YE蜃気楼行くみたいだったので、
「ああはいはい!わたしも行きます!」
つって混ぜてもらった。

正直、
真・YE見抜き用支援という名前で、
ソロ参加する勇気はまだない。

勇気…というか、常識?
常識人な自分が憎い。
変態にまみれて健気に咲く可憐な一輪の花。
それがわたしなのである。

おずず~~~まつこ~~~どこ~~~。

つって、YE鯖に降り立つとそこには、

*

うん宝と、

*

タマ=モギ子が待っていた。

前回の参加()から日が空いてしまったので
何を持ってけばいいのか、まるっと忘れてしまったりおたん。
しかし今回は、GOSという手抜き装備があるので、
属性耐性はバッチリなのであった。



入れそうな転送装置…もとい、
我々を受け入れてくれそうなPT
を探して、ウロウロする怪しい3人組。

*

なんとか転送装置H組に紛れ込むことができた。
しかし我々以外、全員オナギルのようであった。
(※オナギル=同じギルド)

これは邪魔にならないようにしなくては。
おとなしくしておこう…。

*

おとなしくどころか、全力全開のタマ=モギ子。
全員のタマをモイでいく勢い。
もうやめて。みんなのタマはゼロよ。

しかもまさかのこのタイミングで、

*

ミテマスを頂くわたくし。
いやほんとすみませんありがとうございます!!!

チャットとブログと、何故か2回謝るりおこ氏。
何故…?わからない…。深層心理…???

てかたった1回しかブログに登場してないキャラなのに、
よくわかったねwwwww

第1層は特に危なげなく。

*

タマモギのMVPをSSに撮る余裕すらあった。
リーパーであるウン宝は、
まさかの壁リーパーなので、
攻撃に一切参加していなかった。もちろん素手。

1層目のボスを倒し、合流地点へ行くも、

*

screenGimle1800.jpg

なんと誰もいなかった。
普通はここで別パンティと合流するらしい…。

第2層。

*

ここからは未開の地である。
初参加。

*

どうやら「」を引いてしまったらしい。

ああ~~~なるほど。

*

水、把握。
修羅チェンフローズンウルフね。

これは痛いわ。

「耐える」という意味では、GOSは役目薄いので、
次回からはちゃんとフェアリーやケープを持っていこうと思いました。

*

ゴール!!!
お疲れさまでした!!!



こうして、
YE蜃気楼セカンドのデビューを果たしたりおたんは、

*

報酬を貰うのをすっかり忘れて、
ただYE蜃気楼の水部屋を覗いただけで終わったのだった。

次回もよろしくお願いいたします。